ノルウェーのインディーロック・アーティスト、Boy Pablo(ボーイ・パブロ)がデビューアルバム『Wachito Rico』をリリースする。

そんなBoy Pabloのデビューアルバム『Wachito Rico』より、シングル「Hey Girl」のMVが公開された。

Boy Pabloとは

Boy Pablo(ボーイ・パブロ)
Boy Pablo(ボーイ・パブロ)はノルウェー・ベルゲン出身のシンガーソングライター、Nicolas Muñozのプロジェクト。

シングル「Everytime」はYouTubeで3000万回再生(2020年6月現在)されており、ノルウェー版のグラミー賞である“Spellemannprisen”で新人賞を獲得。

世界各地のフェスにも出演しており、2018年には来日公演も完売している注目のアーティストだ。

『Wachito Rico』

Boy Pablo(ボーイ・パブロ)のデビューアルバム『Wachito Rico』は777 Recordsから10月23日にリリースされる。

収録曲やアルバムジャケットなどの情報は後日公開される。

boy pablo – hey girl

リリース

1stアルバム『Wachito Rico』

発売日: 2020年10月23日
レーベル: 777 Records
ジャンル: インディーロック
収録曲: 未定

シングル『hey girl』

発売日: 2020年5月29日
レーベル: 777 Records
ジャンル: インディーロック
収録曲:
1.i just wanna go home
2.hey girl

プロフィール

Boy Pablo(ボーイ・パブロ)

“Boy Pabloはノルウェーのベルゲン出身のシンガーソングライター、Nicolas Muñozのプロジェクトだ。現在21才のMuñozはチリ人の両親のもと、1999年に生まれた。10才の頃から兄の影響で音楽に興味を持ち始め、2015年12月、Boy Pabloとしての活動を開始。2016年2月にシングル「Flowers」、同年6月にシングル「Beach House」をリリース。ノルウェーのフェスティヴァルにも出演し、注目を浴びるようになった。2017年5月、まだ高校生であった前年に制作した6曲入りEP『Roy Pablo』をリリース(2018年8月に日本のみでCD化)。同EPに収録された「Everytime」のビデオが大きな注目を浴び、YouTubeで3,100万回のヴューを獲得する(2020年6月現在)。2018年3月、シングル「Losing You」をリリース。Pitchforkは「ノルウェーからの素晴らしいインディ・ロック」と同曲を絶賛。その後に行なわれたヨーロッパ/アメリカ・ツアーも成功。10月にはセカンドEP『Soy Pablo』をリリースし、UKをツアー。11月にはPitchfork Music Festivalに出演し、12月の日本公演は即完。同年のSpellemannprisen(ノルウェー版グラミー賞)では「Breakthrough of the year & Gramo scholarship」を獲得した。また、2019年にはCoachella Festivalに出演した。”

引用元:Boy Pablo(ボーイ・パブロ)プロフィール(Big Nothing)

Youtube

  • boy pablo – Everytime
  • boy pablo & andrea – “i just wanna go home”

インディーロック関連記事