ネオ”と名の付くジャンルが近年増えてきている。

ネオソウルという音楽ジャンルは、ソウルミュージックと他ジャンルが結合しながら派生して誕生したR&Bのサブジャンルである。

ファンクやヒップホップなど、様々なジャンルから成り立つため、どこからがネオソウルなのか定義するのは正直難しい。

だが最近では、ネオソウルは身近な存在になり、日常で耳にする機会が増えてきている。

そこで今回は、ネオソウルに共通する特徴や歴史、そして注目の新人バンドを5組紹介したい。

ネオソウルとは

JUNGLE
JUNGLE

ネオソウルは80〜90年代前半にアメリカとイギリスにて、ソウルとR&Bが組み合わさって誕生した音楽ジャンルである。

ネオソウルの音楽性は幅広く、R&B以外にもジャズやファンク、ヒップホップやキーボードなどの電子楽器を多用したエレクトロニック音楽、さらにはフュージョンやアフリカン・ミュージックの要素も取り入れられる。

1990年代中頃にはソウルのリバイバルとして、ディアンジェロやエリカ・バドゥなどのアーティストによって広められ、2000年代前半に全盛期を迎える。

そして2010年代、アリシア・キーズやフランク・オーシャンなど、トップチャートを賑わすアーティストにより、ポピュラーミュージックとして復興してきた。

後で紹介するMoonchildやBLACK PUMASなどは、2020年代のネオソウルの未来を担っている。

ネオソウルの特徴

BLACK PUMAS
BLACK PUMAS

ネオソウルは他ジャンルとの境界線がはっきりしていない。

アーティスト毎に魅せる色は十人十色だとは言え、一体どの要素がネオソウルとして確立するのに必要不可欠なのか。

そこで、ネオソウルに共通する特徴を3つまとめたので説明したい。

感情を込めた歌詞

ネオソウルの特徴の一つとして、感情を込めた歌詞が重要視される。

というのも、元々ソウルミュージックでは、黒人が差別撤廃などの社会的なメッセージを歌い上げていた歴史があり、その強いメッセージ性が現在も引き継がれていると思われる。

ネオソウルの中でもヒップホップ要素が強い曲では、社会性、普遍性、文化的背景などを反映された歌詞も多い。

ソウル、すなわちアーティストの”魂”を力強く音楽に昇華させているジャンルがネオソウルである。

幅広いスタイルのボーカル

ネオソウルの特徴として、幅広いスタイルのボーカルが挙げられる。

古典的なソウルのスタイルとして、ゴスペルのようなパワフルで感情的なボーカルやコーラスなどがある。

特に最近のネオソウルでは、ファルセットを生かしたテクニックや囁くようなボーカルスタイル、さらにヒップホップや男女混声が主流である。

これらのボーカルスタイルと、先ほど説明した感情を込めた歌詞により、聴き手の心に響くネオソウルが完成するのである。

グルーヴ

ネオソウルと言えばざっくりと”オシャレな音楽”というイメージが強いかと思う。

その”オシャレ”の大きな要素の一つがグルーヴ感ではないかと考える。

ネオソウルは、R&Bやファンクなど、リズム感を重要視する音楽がブレンドされたジャンルである。

そのリズム感に加え、ソウル特有の高いボーカルの表現力や、ジャズのテクニカルな演奏技法も加わり、それら全てがグルーヴに直結している。

そのグルーヴが、オシャレな雰囲気と心地よさを生み出すため、ドライブ・ミュージックやリラックス時のBGMとして使用されることが多いのかもしれない。

ネオソウルの新人アーティスト5選

ネオソウルがいかに多様性を含み、アーティストごとに独自のスタイルを確立しているのか。

そこで、ネオソウルの新人バンドであるMoonchild、BLACK PUMAS、JUNGLE、Free Nationals、Hiatus Kaiyoteの5組を通して、ネオソウルというジャンルの”広がり”を感じていただきたい。

Moonchild

Moonchild
南カリフォルニア出身のネオソウル・トリオ、Moonchild(ムーンチャイルド)。

R&Bやジャズ、そしてモダンなシンセサイザーを多用した電子音楽を包括したネオソウルが特徴だ。

ソウル特有のソウルフルなボーカルとは打って変わって、紅一点の女性ボーカル、アンバー・ナヴランの歌声はウィスパーのような優しさを強みとしている。

ビートを変幻自在に操り、独特のグルーヴを醸し出すのも”ネオ”ならでは。

そんなMoonchildの来日情報やバンドに関する内容はこちらから。

『Little Ghost』

ジャンル:ネオソウル
購入はこちら

BLACK PUMAS

Black Pumas
第62回グラミー賞“ベスト・ニュー・アーティスト”にノミネートされた、テキサスのネオソウル・デュオ、BLACK PUMAS(ブラック・ピューマズ)。

BLACK PUMASは70年代へのリスペクトを感じさせるサイケデリックと、ヴィンテージなファンクのエッセンスを含んだネオソウルを奏でる。

そしてボーカリストのエリックによる透き通ったファルセット。

感情をこれでもかと言うほど詰め込んだ歌声は、新人バンドということを完全に忘れさせる存在感がある。

BLACK PUMASのリリース情報やバンドについては、こちらも合わせて読んでいただきたい。

『Black Pumas』

ジャンル:ネオソウル
購入はこちら

JUNGLE

JUNGLE
ロンドン発の男女混合7人組ネオソウル・バンド、JUNGLE(ジャングル)。

Jamiroquaiやノエル・ギャラガーからも絶賛されているJUNGLEは、エレクトロやファンク、そしてダンスやサイケデリックを併せ持つ。

何層にも重ねられたシンセサイザーは壮大でサイケデリックな世界観を創り出す。

もちろん根底にあるのはグルーヴィーなソウルで、Bee Geesを彷彿とさせる裏声も秀逸だ。

JUNGLEのセカンドアルバム『FOR EVER』インタビュー記事はこちら。

『For Ever』

ジャンル:ネオソウル
購入はこちら

Free Nationals

Free Nationals
Anderson .Paakのバックバンドとして知られる、ロサンゼルス出身の4人組ネオソウル・バンド、Free Nationals(フリー・ナショナルズ)。

レトロファンクと海外で称される彼らの音楽性だが、そこにソウルとR&Bがミックスされたネオソウル。

レトロファンクというのも、カセットやレコードなどのアナログ特有の温かみを音に落とし込み、受け継いできた過去の音楽へのリスペクトを表現している。

インスト曲以外は全て豪華アーティストとコラボし、メロウなドライブミュージックを奏でる。

Anderson .Paakを始め、豪華面々が参加したFree Nationalsのデビューアルバムについてはこちら。

『Free Nationals』

ジャンル:ネオソウル
購入はこちら

Hiatus Kaiyote

Hiatus Kaiyote
オーストラリアはメルボルン出身の4人組バンド、Hiatus Kaiyote(ハイエイタス・カイヨーテ)。

グラミー賞最優秀R&Bパフォーマンス賞にノミネートされた経歴を持つネオソウル・バンドである。

紅一点のネイ・パームの圧倒的な存在感に変則的なリズム、そして色んなジャンルの顔を覗かせるプログレッシブな曲展開に、ゲームのような奇妙なサウンドエフェクト。

一聴すると、様々な要素が混沌としているように感じるが、これらを一つにまとめるのがHiatus Kaiyoteのグルーヴ感だろう。

Hiatus Kaiyoteは見た目も相まって、ジャンルやバンドという概念を超え、一つの新しい”民族”なのではないだろうかとさえ思わせるバンドだ。

『Tawk Tomahawk』

ジャンル:ネオソウル
購入はこちら

ネオソウルは拡張する

ネオソウル(neo-soul)
80〜90年代に誕生してから、他ジャンルを取り込みつつ、時代に合わせたサウンドへ柔軟に変化しながら派生してきたネオソウル。

現代ではポピュラー・ミュージックとして、確立した地位を築き上げるまでになった。

その反面、行き過ぎた多様性から明確な定義がなく、サブジャンルとしてのレッテルは拭いきれないというのも事実である。

しかし、ソウルミュージックが多様性を取り入れてなければ、今の時代にここまでリスナーに愛されるジャンルに成り得なかっただろう。

懐古主義とモダニズムのどちらの強みも持ち合わせ、生活に馴染み易いリラックスしたグルーヴを身に纏い、ネオソウルは今後さらに拡張していくに違いない。

Youtube

  • Moonchild – “The List” (Official Video)
  • Black Pumas – Colors (Official Live Session)
  • Jungle – Casio
  • Free Nationals – Beauty & Essex (feat. Daniel Caesar & Unknown Mortal Orchestra) (Official Video)
  • Hiatus Kaiyote – Nakamarra

ネオソウル関連記事

ライター:Rio Miyamoto(Red Apple)

兵庫県出身のサイケデリック・ロックバンド、Daisy JaineのVo./Gt.。アメリカ・ボストンに留学経験があり、BELONGでは翻訳を担当。サイケデリック、オルタナ、60s、ロカビリーやR&Bと幅広く聴きます。趣味はファッション、写真、映画観賞。
今まで執筆した記事はこちら
Twitter:@rio_daisyjaine