マリリン・マンソン(Marilyn Manson)の11作目となるアルバム『WE ARE CHAOS』より、シングル「WE ARE CHAOS」がリリースされた。

この記事では歌詞和訳と共に「WE ARE CHAOS」の内容について考察している。

マリリン・マンソンは絶望なのか、それとも希望なのか。

偶然にもコロナウイルスのパンデミックとリンクした歌詞の内容について掘り下げていきたい。

マリリン・マンソンとは

マリリン・マンソン
マリリン・マンソン(Marilyn Manson)はアメリカのロックバンド。

本名はブライアン・ヒュー・ワーナーで、バンド名は“マリリン・モンロー”と“チャールズ・マンソン”から取られた。

1989年より活動を開始。Nine Inch Nailsのトレント・レズナーによって創設されたNothing Recordsと契約し、

1994年にファーストアルバム『Portrait of an American Family』でデビューし、その後9枚のアルバムをリリース。

2020年9月11日に11作目となるアルバム『WE ARE CHAOS』をリリースした。

来日公演

マリリン・マンソンは1997年に東名阪ツアーで初来日。

1999年1月には東京、大阪、8月には福岡と野外フェスであるサウンドコニファー229へ出演。

2001年にサマーソニックへ出演を果たし、2003年には福岡、大阪、東京、名古屋でライブを行う。

2005年にソニックマニア、2007年にはLOUD PARKで来日。

2009年に東名阪ツアーとV-ROCK FESTIVALへ出演し、2012年にも東名阪でツアーを回った。

その後2015年にサマーソニックとソニックマニア、翌年2016年にはSlipknot主宰のフェスティバルであるKNOTFESTへ出演。

2020年3月にはKNOTFESTへの出演を予定していたが、2021年1月へ延期された。

WE ARE CHAOSとは

マリリン・マンソン(Marilyn Manson)の最新曲「WE ARE CHAOS」は、グラミー受賞経験のあるアメリカのSSW兼プロデューサーであるシューター・ジェニングスと共に制作された。

サザン・ロックやカントリーを得意としているシューターの影響がサウンドに投影されているため、今までのマリリン・マンソンのヘビーな楽曲とは毛色が多少異なる。

「WE ARE CHAOS」は新型コロナウイルスを想起させるタイトルであるが、パンデミック以前に完成していた作品である。

和訳「WE ARE CHAOS」

マリリン・マンソン(Marilyn Manson)の新曲「WE ARE CHAOS」は、“俺たちは混沌だ“という意味を表している。

お前のために助けを探してきてやるよ

“Some, you know, we need to find some help for you.”

引用元:マリリン・マンソン(Marilyn Manson)「WE ARE CHAOS」歌詞(Genius Lyrics)

俺たちが病気だっていうなら薬をくれよ
さっさとどっかへ行っちまいたいぜ
もしお前が一度でも死を吸引したなら
他の全ては香水と同じさ
俺はただ謎に包まれていて、お前の不幸となる
俺はミステリーな存在で、結局はお前の不幸になるのさ
最終的に俺たちは全員ゴミ箱行きだ
でもその時は俺がお前の手を握ってやるよ

“If you say that we’re ill, give us your pill
Hope we’ll just go away
But once you’ve inhaled death
Everything else is perfume
Maybe I’m just a mystery, I could end up your misery
Maybe I’m just a mystery, I could end up your misery
In the end, we all end up in a garbage dump
But I’ll be the one that’s holding your hand”

引用元:マリリン・マンソン(Marilyn Manson)「WE ARE CHAOS」歌詞(Genius Lyrics)

俺たちは病気だ、狂っていて複雑なんだ
俺たちは混沌だ、完治しないぜ
俺たちは病気だ、最悪でこじれてる
俺たちは混沌だ、一生治りやしないんだ

“We are sick, fucked up and complicated
We are chaos, we can’t be cured
We are sick, fucked up and complicated
We are chaos, we can’t be cured”

引用元:マリリン・マンソン(Marilyn Manson)「WE ARE CHAOS」歌詞(Genius Lyrics)

おそらく俺はただ謎に包まれていて、お前の不幸となる
俺はミステリーな存在なんだ
これは身分の釣り合わない結婚さ
腹立たしい群衆とは縁もゆかりもないだろうがな

“Maybe I’m just a mystery, I could be your misery
Maybe I’m just a mystery
Marry with the left hand
So far, so far from the mad’ning crowd”

引用元:マリリン・マンソン(Marilyn Manson)「WE ARE CHAOS」歌詞(Genius Lyrics)

俺たちは病気だ、狂っていて複雑なんだ
俺たちは混沌だ、完治しないぜ
俺たちは病気だ、最悪でこじれてる
俺たちは混沌だ、一生治りやしないんだ

“We are sick, fucked up and complicated
We are chaos, we can’t be cured
We are sick, fucked up and complicated
We are chaos, we can’t be cured”

引用元:マリリン・マンソン(Marilyn Manson)「WE ARE CHAOS」歌詞(Genius Lyrics)

俺は人間なのか、見世物なのか、それとも一瞬の灯火か?
月に降り立った人間
それとも全ての季節を凌駕した存在なのか?
俺はお前と死を共にするのか?

“Am I a man or a show, or moment?
The man in the moon
Or a man of all seasons?
Will I be in at the kill with you?”

引用元:マリリン・マンソン(Marilyn Manson)「WE ARE CHAOS」歌詞(Genius Lyrics)

俺たちは病気だ、狂っていて複雑なんだ
俺たちは混沌だ、完治しないぜ
俺たちは病気だ、最悪でこじれてる
俺たちは混沌だ、一生治りやしないんだ
みんな病んでるんだ、狂っていて複雑さ
みんな無秩序なんだ、完治しないぜ
みんな病んでるんだ、最悪でこじれてる
みんな無秩序なんだ、一生治りやしないんだ

“We are sick, fucked up and complicated
We are chaos, we can’t be cured
We are sick, fucked up and complicated
We are chaos, we can’t be cured
We are sick, fucked up and complicated
We are chaos, we can’t be cured
We are sick, fucked up and complicated
We are chaos, we can’t be cured”

引用元:マリリン・マンソン(Marilyn Manson)「WE ARE CHAOS」歌詞(Genius Lyrics)

俺たちはみんな病気さ

“We are sick”

引用元:マリリン・マンソン(Marilyn Manson)「WE ARE CHAOS」歌詞(Genius Lyrics)

歌詞考察「WE ARE CHAOS」

Marilyn Manson(マリリン・マンソン)

マリリン・マンソン(Marilyn Manson)の最新曲「WE ARE CHAOS」。

新型コロナウイルスによるパンデミック前に書かれたものとは言え、偶然にも現状とリンクしている部分が多いので、歌詞を引用しながら掘り下げていきたいと思う。

マリリン・マンソンの体験

まずは、“もしお前が一度でも死を吸引したなら、他の全ては香水と同じさ”という一行。

一度辛い経験をすると、他の出来事はまるで香水のように華やかに感じ、それと共に感謝の気持ちを感じることができるということ。

マンソン自身も以前、“コロンバイン高校銃乱射事件”で誹謗中傷され辛い経験をしているため、そこにリンクしているとも読み取れる。

また、今の情勢に当てはめると、普通の日常がどれほど有難い物なのか再認識できるということに繋がる。

マリリン・マンソンの存在意義


そして、“俺は人間なのか、見世物なのか、それとも一瞬の灯火か?”という一行では、マリリン・マンソンが自分の存在意義や葛藤について問いかけていると読み解ける。

マリリン・マンソンからは破滅的なイメージばかりを連想しがちだが決してそうではない。

例えば、“最終的に俺たちは全員ゴミ箱行きだ。でもその時は俺がお前の手を握ってやるよ”という歌詞。

ここから読み取れるのは、どう足掻いても死は必ず訪れる。

そして生きている間は争いもあるが、結局死ぬ時には、人間はみんな仲間なんだと気づくということだ。

悲しさがあるからこそ見える希望。そして“我々は混沌”だが同じ仲間であるという真実。

闇の存在から目を背かずに、我々は手を取り合うべきなんだと「WE ARE CHAOS」は気付かせてくれるのだ。

リリース

11thアルバム『WE ARE CHAOS』

発売日: 2020年9月11日
収録曲:
1. RED BLACK AND BLUE
2. WE ARE CHAOS
3. DON’T CHASE THE DEAD
4. PAINT YOU WITH MY LOVE
5. HALF-WAY & ONE STEP FORWARD
6. INFINITE DARKNESS
7. PERFUME
8. KEEP MY HEAD TOGETHER
9. SOLVE COAGULA
10. BROKEN NEEDLE

11. WE ARE CHAOS [ACOUSTIC]※
12. BROKEN NEEDLE [ACOUSTIC]※
※ボーナス・トラック
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

10thアルバム『Heaven Upside Down』

フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

9thアルバム『The Pale Emperor』

フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

8thアルバム『Born Villain』

フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

7thアルバム『The High End of Low』

フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

6thアルバム『Eat Me, Drink Me』

フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

5thアルバム『The Golden Age of Grotesque』

フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

4thアルバム『Holy Wood (In the Shadow of the Valley of Death)』

フォーマット:Mp3、CD、カセット
Amazonで見る

3rdアルバム『Mechanical Animals』

フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

2ndアルバム『Antichrist Superstar』

フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

1stアルバム『Portrait of an American Family』

フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

マリリン・マンソン プロフィール

Marilyn Manson(マリリン・マンソン)

“1989年にフロリダ州フォート・ローダーデールにて、マリリン・マンソン&ザ・スプーキー・キッズとしてキャリアをスタート。当初のバンド・メンバーのステージ・ネームのコンセプトは「美の象徴」と「悪の象徴」であり、マリリン・マンソンの名はマリリン・モンローと希代の殺人者=チャールズ・マンソンからとられた。 1994年、オープニング・アクトを務めるなどかねてより交流のあったNine Inch NailsのTrent Reznorが設立したレーベル<nothing>と契約。同年、Trent Reznorプロデュースのデビュー・アルバム『Portrait of an American Family』をリリース。 1995年、2ndアルバム『Smells Like Children』からのシングル「Sweet Dreams」がスマッシュ・ヒット。 1996年発表のアルバム『Antichrist Superstar』は全米初登場3位を獲得し、最強のロック・アイコンとして確固たる地位を確立した。 1997年には待望の初来日を果たし、1998年発表の4thアルバム『Mechanical Animals』では全米初登場1位を記録。 2000年、5thアルバム『Holy Wood (In the Shadow of the Valley of Death)』を発表し、2001年8月開催のSUMMER SONICではヘッドライナーを務めた。 2003年、6thアルバム『The Golden Age of Grotesque』を発表し、全米初登場1位というタイトルを見事復活させた。2005年、SONICMANIAのメイン・アクトとして出演。その後もコンスタントに作品を発表し、世界各地で過激なライブ・パフォーマンスを行いゴシック・ロックのカリスマとしての地位を不動のものとしている。 2017年10月、10thアルバム『Heaven Upside Down』をリリース。 2020年9月11日には、シューター・ジェニングスを迎え制作された3年ぶりとなる11thアルバム『WE ARE CHAOS』をリリースする。2021年1月10日(日)、11日(月・祝)に開催される<KNOTFEST JAPAN 2021>にて再来日が決定している。”

引用元:Marilyn Manson(マリリン・マンソン)プロフィール(Caroline International)

Youtube

  • Marilyn Manson – PREPARE
  • Marilyn Manson – The Beautiful People (Official Video)
  • Marilyn Manson – Disposable Teens (Official Music Video)

ライター:Rio Miyamoto(Red Apple)
Rio Miyamoto
BELONG Mediaのライター/翻訳。18歳から23歳までアメリカのボストンへ留学し、インターナショナルビジネスを専攻。兵庫県出身のサイケデリック・バンド、Daisy Jaine(デイジー・ジェイン)でボーカル/ギターと作詞作曲を担当。2017年には全国流通作品である1st EP『Under the Sun』をインディーズレーベル、Dead Funny Recordsよりリリース。サイケデリック、ドリームポップ、ソウル、ロカビリーやカントリーなどを愛聴。好きなバンドはTemplesとTame Impala。趣味は写真撮影と映画鑑賞。
今まで執筆した記事はこちら