Temples(テンプルズ)が2020年9月2日に新曲「Paraphernalia」をリリースした。

新曲「Paraphernalia」はショーン・レノンが楽曲をプロデュースし、MGMTやTame Impalaを手掛けたデイヴ・フリッドマンがミックスを担当している。

Templesとは

Temples(テンプルズ)
Temples(テンプルズ)はUK・ケタリング出身のサイケデリックロック・バンド。

メンバー構成

現在のメンバーはジェームス・バッグショー(Vo./Gt.)、トーマス・エジソン・ワームスレイ (Ba.) 、アダム・スミス(Key.)、レンズ・オティンク(Dr.)の4人。

オリジナルメンバーであったサム・トムズ (Dr.)は2018年にTemplesを脱退している。

これまでのリリース

Templesは2013年に日本限定で『Shelter Song E.p.』をリリースし、2014年にデビューアルバム『Sun Structures』を発売。

これまでに3枚のアルバム(『Sun Structures』、『Volcano』、『Hot Motion』)をリリースしている。

来日公演

Templesの初来日公演は2013年のHostess Club Weekenderで、これまでに7回来日公演を行っている。

  • 2013年:Hostess Club Weekender
  • 2014年:ジャパンツアー
  • 2014年:フジロック
  • 2015年:Hostess Club Weekender
  • 2016年:HOSTESS CLUB ALL-NIGHTER
  • 2017年:フジロック
  • 2017年:ジャパンツアー
  • 2020年:単独公演(中止)

Paraphernalia

Temples(テンプルズ)が新曲「Paraphernalia」を2020年9月2日にリリースした。

新曲「Paraphernalia」はショーン・レノンが楽曲をプロデュースし、MGMTやTame Impalaを手掛けたデイヴ・フリッドマンがミックスを担当している。

Templesとショーン・レノンはアメリカのカリフォルニア州で開催されたDesert Dazeフェスで知り合った。

それがきっかけとなり、「Paraphernalia」のシングルリリースの際、Templesからショーンにプロデュースを依頼を行ったそうだ。

ショーン・レノンからのコメント


Temples(テンプルズ)の新曲「Paraphernalia」のリリースに伴い、プロデューサーのショーン・レノンからコメントが届いている。

“ずっとバンドのファンで、長年に渡って彼らが良いショーをするのをみてきた”

引用元:Temples(テンプルズ)新曲「Paraphernalia」(Big Nothing)

また、ショーン・レノンはTemplesの新曲「Paraphernalia」を初めて聴いた時の感想もコメントしている。

“初めて「Paraphernalia」のデモを聞いた時、何て素晴らしい曲を持っているんだ、と思ったよ”

引用元:Temples(テンプルズ)新曲「Paraphernalia」(Big Nothing)

Temples – Paraphernalia (Official Visualizer)

リリース

シングル『Paraphernalia』

発売日: 2020年9月2日
ジャンル: サイケデリック・ロック
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

3rdアルバム『Hot Motion』

ジャンル: サイケデリック・ロック
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

2ndアルバム『Volcano』

ジャンル: サイケデリック・ロック
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

1stアルバム『Sun Structures』

ジャンル: サイケデリック・ロック
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

プロフィール

Temples(テンプルズ)

“Templesはノーサンプトンシャーのケタリングで2012年に結成されたサイケデリック・ロックバンドで、James Bagshaw(Vo/G)とTom Walmsley(B)によって結成された。セルフ・プロデュースした楽曲をYou TubeにアップしたところHeavenly Recordingsの目にとまり、同レーベルと契約。Adam Smith(G)とSamuel Toms(Dr)を加え、2012年11月にデビュー・シングル「Shelter Song」をリリースした。2014年2月にはデビュー・アルバム『Sun Structures』をリリース。アルバムはUKチャートの7位を記録。同年5月には初の単独来日公演を実施し、7月にはFUJI ROCK FESTIVALに出演した。2017年3月にはセカンド・アルバム『Volcano』をリリース。アルバムはNMEやClash等から高評価を獲得し、同年7月にはFUJI ROCK FESTIVALに出演。11月にはジャパン・ツアーをおこなうも、翌2018年にSamuel Tomsが脱退し、Heavenly Recordingsからも離れた。”

引用元:Temples(テンプルズ)プロフィール(Big Nothing)

Temples代表曲(Youtube)

  • Temples – Shelter Song
  • Temples – Colours To Life
  • Temples – Hot Motion (Official Music Video)

BELONG Media編集部
BELONG Media編集部
インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。掲載アーティスト・プレスリリースの募集はお問い合わせから。