ロサンゼルスのシンガーソングライター、Pearl Charles(パール・チャールズ)が新作アルバム『Magic Mirror』をリリースする。

Pearl Charlesは元々インディーロックバンド、The Blank Tapesのメンバーであったが、2015年からソロで活動を始めている。

Pearl Charlesとは

Pearl Charles(パール・チャールズ)
Pearl Charles(パール・チャールズ)はアメリカ・ロサンゼルスのシンガーソングライター。

5歳の時から楽器を始め、18歳の時にカントリーミュージックデュオ、The Driftwood Singersでデビューする。

Pearl Charlesが22歳の時にThe Blank Tapesにドラマーとして加入し、バンド活動をスタートさせる。

2015年にソロアーティストとしてデビュー作をリリースし、2018年に自身初のアルバム『Sleepless Dreamer』をリリース。

これまでにSunflower Beanやマック・デ・マルコ、Bright Eyesのコナー・オバーストと共演している。

Magic Mirror

Pearl Charles(パール・チャールズ)は2020年1月15日、2枚目となる新作アルバム『Magic Mirror』をリリースする。

現在、新作アルバム『Magic Mirror』から3曲の新曲(「Imposter」、「Take Your Time」、「What I Need」)が公開されている。

リリース

2ndアルバム『Magic Mirror』

発売日: 2020年1月15日
収録曲:
1. Only For Tonight
2. What I Need
3. Imposter
4. Don’t Feel Like Myself
5. Magic Mirror
6. Slipping Away
7. All the Way
8. Take Your Time
9. Sweet Sunshine Wine
10. As Long As You’re Mine
フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

1stアルバム『Sleepless Dreamer』

フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

プロフィール

Pearl Charles(パール・チャールズ)

“Pearlは5才の頃より音楽をプレイし始めた。18才の時、Christian Lee Hutsonとカントリー・デュオ、The Driftwood Singersを結成。ヴォーカル、ギター、オートハープを担当した。22才の時、ドラマーとしてガレージ・ロック・バンド、The Blank Tapesに加入。ロックンロールのライフ・スタイルを数年間楽しんだ後、ソロとして活動する時が来たと判断し、2015年にデビューEP、2018年にファースト・アルバムをKanine Recordsよりリリースした。国外/国内のツアーを通し、Best Coast、Sunflower Bean、Mac Demarco、Conor Oberst等とプレイし、ACL、Huichica、Desert Dazeといったフェスティヴァルでもプレイした。”

引用元:Pearl Charles(パール・チャールズ)プロフィール(Big Nothing)

海外メディアの評価

“「現代のジューン・カーターとラナ・デル・レイの出会い」(BUZZFEED)”

引用元:Pearl Charles(パール・チャールズ)の評価(Big Nothing)

Pearl Charles代表曲(Youtube)

  • Pearl Charles – Imposter (Audio Only)
  • Pearl Charles – Take Your Time (Audio Only)
  • Pearl Charles – What I Need(Lyric Video)

BELONG Media編集部
BELONG Media編集部
インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。

[Advertisement]