UKはリーズのポストパンク・バンド、Yard Act(ヤード・アクト)がデビューEP『Dark Days(ダーク・デイズ)』の国内盤をリリースする。

Yard Actは本国イギリスで7インチシングル『Dark Days / Peanuts』をわずか2時間で1000枚を完売させるほど、人気をあつめている。

Yard Actとは

Yard Act(ヤード・アクト)
Yard Act(ヤード・アクト)はUKはリーズのポストパンク・バンド。

バンドは2019年、James Smith(Vo.)とRyan Needham(Ba.)を中心に結成された。

Dark Days

Yard Act(ヤード・アクト)はデビューEP『Dark Days(ダーク・デイズ)』の国内盤を2021年4月21日にリリースする。

デビューEP『Dark Days』は本国イギリスではすでに2021年1月19日にリリースされている。

イギリスでは既にIDELSやShameなど、ポストパンク・バンドのアルバムがオフィシャルチャート10位以内にランクインし、全盛を極めている。

Yard Actも彼らに負けず劣らず語りを得意とした強烈なライブパフォーマンスが魅力である。下記のライブ動画も併せてチェックしてほしい。

Yard Act’s full performance | DIY & The state51 Conspiracy present Hello 2021

リリース

1stアルバム『Dark Days(ダーク・デイズ)』

発売日: 2021年4月21日
ジャンル: ポストパンク
収録曲:
01.Dark Days
02.Peanuts
03.Fixer Upper
04.The Trapper’s Pelts

プロフィール

Yard Act(ヤード・アクト)

“UK・ヨークシャー州の都市リーズを拠点に活動。2019年秋頃にBaのRyan NeedhamがVoのJames Smithの空き部屋に一時的に居候していたことをきっかけに楽曲制作をスタート。2020年3月に配信でのリリースを開始以降は瞬く間にその名を轟かせ、デビュー作7インチの「Fixer Upper / The Trapper’s Pelts」はリリース即日に500枚を完売。続く「Dark Days / Peanuts」の7インチでは1,000枚を僅か2時間で完売させた。”

引用元:Yard Act(ヤード・アクト)プロフィール(SPACE SHOWER)

Yard Act代表曲(Youtube)

  • Yard Act – Fixer Upper
  • Yard Act – The Trapper’s Pelts
  • Yard Act – Peanuts

BELONG Media編集部
BELONG Media編集部
インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。2021年2月、J-WAVEのSONAR MUSICにゲスト出演。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。

[Advertisement]