dygl0.png

2012年に結成されたインディ・ロック・バンド、DYGL(デイグロー)がファーストEP『Don’t Know Where It Is』を5月4日にリリースすることが決定した。

DYGLは、Youtubeで100万回以上の再生を記録した「Forever」を含むデビュー・アルバム『When The World Is Wide』で注目を浴びたYkiki Beatのメンバー3人を擁している。

インディ・ロックを海外のシーンと同じ感覚で鳴らす新世代アーティストDYGL(デイグロー)。

2015年の秋にLAの注目レーベル〈Lolipop Records〉のスタジオでレコーディングされたEPが遂に完成。影響を受けたインディ・ロックの音の鳴り、スタイル、スケール等の全てを自らのサウンドに消化させた6曲入りファーストEP『Don’t Know Where It Is』、リリース。

2016年、ロックの夢は決して終わらない。膨大なロマンスと漠然とした勇気をのせた歌がある限り。

dygl
『Don’t Know Where It Is』
発売日:2016年5月4日
(CD)■品番:HEC-001■価格:\1,500+税
(ヴァイナル)■品番:HEA-001■価格:\1,900+税
(カセット)■品番:HEB-001■価格:\700+税 *カセットのみ4月6日の発売となります。
収録曲:
1. Let It Sway
2. Don’t Know Where It Is
3. I’m Waiting For You
4. Let’s Get Into Your Car
5. Slizzard
6. Thousand Miles

【DYGL|デイグロー】
2012年に大学のサークル内で結成。メンバーはYosuke Shimonaka(G)、Nobuki Akiyama(Vo, G)、Kohei Kamoto(Dr)、Yotaro Kachi(B)の4人で、すぐさま東京でライヴ活動を開始。これまでにCassie RamoneやJuan Wautersなどといった海外のミュージシャンとも共演している。2015年には『EP#1』をカセットとバンド・キャンプで自主リリースし、世界の早耳な音楽リスナーの注目を集める。その年の秋にはアメリカに長期滞在し、感性の近い現地のミュージシャンたちとコミュニケーションを交わすなか、LAの注目レーベル〈Lolipop Records〉のスタジオでレコーディングを決行。ライヴでも盛り上がりをみせる「Let’s Get Into Your Car」などの曲を再録し(『EP#1』に収録)、台湾ツアー後に書き溜めていた「Don’t Know Where It Is」なども録音。影響を受けたインディ・ロックの音の鳴り、スタイル、スケール等の全てを自らのサウンドに消化させた6曲入りファーストEP『Don’t Know Where It Is』が完成した。
■オフィシャルWEB:http://dayglotheband.com/

◆関連記事◆
【interview前編】本当にインターネットは世界を広くしているのか?Ykiki Beatが東京から見た世界(#YOUTHWAVE)
【interview後編】アメリカやイギリスのDIYでやってるバンドのように活動したい。Ykiki Beatが切り開く新しい音楽活動のあり方(#YOUTHWAVE)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中