ERECDJ218_photo2ドクター・ドレーの復帰作『Compton』で6曲に関わり、ローリング・ストーン誌が“今のサウンドを定義する注目の新人”とまで太鼓判を押しているアンダーソン・パークという人物をご存知だろうか。ここ日本でも先日、来日公演が発表されたものの即完売するほど注目を集めている。

それでは彼は今までどのような道のりを辿りここまで来たのだろうか。アンダーソン・パークは韓国人の母親を持ち、元々はドラマーとしてキャリアをスタートさせた。その後、セッション・ミュージシャンを始め様々な仕事と並行しながらブリージー・ラヴジョイという名義でラッパーとして活動を開始。アーティスト活動を続けるうちに彼は昼の仕事を失い、妻と子を抱えて路頭に迷った際には、サー・ラーのシャフィーク・フセインの家に住まわせてもらい、彼のアシスタントや、サー・ラーのツアー・ドラマーなどを務めたこともあったそうだ。

彼の才能が注目され始めたのは2013年に無料で発表したカバー集『Cover Art』をリリースした前後。この頃よりアンダーソン・パークと名乗るようになり、2014年にデビューアルバム『Venice』をリリースする頃にはその才能がLAシーンで知られるようになっていった。そして時は来た。ドクター・ドレーの15年ぶりとなる新作『Compton』に参加し、メディアから破格の注目を集めるようになった。そんな彼が満を持してリリースしたセカンドアルバム『Malibu』は、ケンドリック・ラマーすらもTwitterで宣伝する特別なアルバムとなった。

彼の周りの人脈や音楽性から察するにヒップホップばっかり聴いていたのかと思うと意外や意外。インタビューによるとレディオヘッドを聴いたのが音楽に興味を持ち始めたきっかけのひとつだったそうだ!そもそもヒップホップは絶対にやりたくなくて、それ以外の何か、オルタナな音楽を作りたかったとある。そういう意思があるからこそ彼はTHE FREE NATIONALSという自身のバンドを率いてライブを行っているのだろう。しかももともとドラマー出身というだけあり、ライブでは自分でドラムを叩きながら歌う場面も!まさに遅咲きの天才、アンダーソン・パーク。この絶好の機会にヒップホップを普段聴かないロックファンにも彼の枠に捉われない音楽が届いて欲しい。(yabori)

【リリース】

『MALIBU』
NOW ON SALE

【More Playlists】
BELONGのHPでは毎週注目の新曲を取り上げています。今までの記事はこちら

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中