アメリカ・ニューヨークのエレクトロポップ・バンド、チック・チック・チック(Chk Chk Chk、!!!)が新作EP『Certified Heavy Kats』をリリースする。

チック・チック・チックはグリーンルームフェス2020での来日も決定しており、新作EP『Certified Heavy Kats』の発表に併せて新曲「Do The Dial Tone」のMVも公開された。

チック・チック・チックとは

チック・チック・チック(Chk Chk Chk、!!!)
チック・チック・チック(Chk Chk Chk、!!!)はアメリカ・ニューヨークのエレクトロポップ・バンド。

これまでに何度かメンバーチェンジを繰り返し、現在はニック・オファー(Vo.)、マリオ・アンドレオーニ (Gt./Percussion)、ダン・ゴーマン (Percussion/Gt.)、ポール・クアトロー(Dr.)らを中心に活動している。

チック・チック・チックは1995年にバンドを結成しており、これまでに8枚のアルバム(『!!! (Chk Chk Chk)』、『Louden Up Now』、『Myth Takes』、『Strange Weather, Isn’t It?』、『THR!!!ER』、『As If』、『Shake The Shudder』、『Wallop』)をリリースしている。

Certified Heavy Kats

チック・チック・チック(Chk Chk Chk、!!!)が新作EP『Certified Heavy Kats』を7月31日にリリースする。

新作EP『Certified Heavy Kats』は前作『Wallop』の延長線上にある作品で、チック・チック・チックがこれまでに影響を受けてきたダンスミュージックが集約された作品となっている。

本作の参加アーティストはSink Ya Teethのマリア・ウゾルやLiarsのアンガス・アンドリューらが参加しているとのこと。

ニックからのコメント

新作EP『Certified Heavy Kats』のリリースに伴い、チック・チック・チック(Chk Chk Chk、!!!)のフロントマンであるニック・オファー(Vo.)からコメントが到着している。

“俺たちがいつもやっていること以上の何かを探りながら制作をした。
俺たちは、それが間違っていたとしても新しい何かを思いつくことを期待して色々なことを試したんだ。今回はどれだけの間違いを犯せたんだろうな。 – Nic Offer (!!!)”

引用元:Beatink

!!! (Chk Chk Chk) – Do The Dial Tone [Official Video]

リリース

EP『Certified Heavy Kats』

発売日: 2020/07/31
ジャンル: エレクトロポップ
収録曲: 後日発表
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

8thアルバム『Wallop』

発売日: 2019/8/29
ジャンル: エレクトロポップ
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

7thアルバム『Shake The Shudder』

発売日: 2017/5/18
ジャンル: エレクトロポップ
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

6thアルバム『As If』

発売日: 2015/10/15
ジャンル: エレクトロポップ
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

5thアルバム『THR!!!ER』

発売日: 2013/5/11
ジャンル: エレクトロポップ
フォーマット:CD
Amazonで見る

4thアルバム『Strange Weather, Isn’t It?』

発売日: 2010/8/23
ジャンル: エレクトロポップ
フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

3rdアルバム『Myth Takes』

発売日: 2007/3/5
ジャンル: エレクトロポップ
フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

2ndアルバム『Louden Up Now』

発売日: 2004/6/8
ジャンル: エレクトロポップ
フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

1stアルバム『!!! (Chk Chk Chk)』

発売日: 2001/6/19
ジャンル: エレクトロポップ
フォーマット:CD
Amazonで見る

来日情報

GREENROOM FESTIVAL ’20
2020年9月5日(土)、6日(日)@横浜赤レンガ倉庫野外特設会場
オフィシャルサイト: https://greenroom.jp

プロフィール

チック・チック・チック(Chk Chk Chk、!!!)

“NYの馬鹿げたダンス規制法を痛烈に批判し一躍脚光を浴びた名曲「Me And Giuliani Down By The School Yard」から16年、一貫して変わることのないパンクなアティチュードと、アルバム毎に進化を続け、シーンの変化とも巧みにリンクするサウンドを用いて、「自由であること」そして「踊ること」をテーマとして追求してきたチック・チック・チック。”

引用元:チック・チック・チック(Chk Chk Chk、!!!)プロフィール(GREENROOM FESTIVAL)

Youtube

  • !!! (Chk Chk Chk) – Couldn’t Have Known [Official Video]
  • !!! (Chk Chk Chk) – UR Paranoid [Official Video]
  • !!! (Chk Chk Chk) – The Long Walk (Official Music Video)

エレクトロポップ関連記事