Computer Magic(コンピューター・マジック)がDanz CM(ダンツ シーエム)に改名し、新作アルバム『The Absurdity of Human Existence』をリリースする。

Computer MagicはLEXUSを始めとする数々のCMに楽曲提供を行っている。

Danz CMとは

Danz CM(ダンツ シーエム)
Danz CM(ダンツ シーエム)とはもともとComputer Magic(コンピューター・マジック)名義で活動していたダニエル・ジョンソン(ニックネームはDanz)の音楽プロジェクト。

Danz CMはComputer Magic名義の時から作詞・作曲だけでなく、アレンジやプロデュースまで全て一人で行っている。

また音楽活動以外にもグラフィックデザイナーやレトロなシンセサイザーを扱うミュージシャンをメインに取り上げているWebサイト、Synth Historyの創設者としても活躍している。

Synth HistoryはLCD Soundsystemなど、有名なミュージシャンにDanz自らインタビューを行っており、設立わずか1年で10万人のフォロワーを獲得している。

The Absurdity of Human Existence

Danz CM(ダンツ シーエム)はComputer Magicから改名後、初のアルバム『The Absurdity of Human Existence』を2020年3月12日にリリースする。

『The Absurdity of Human Existence』の国内盤のアルバムは配信に先駆けて、3月10日に発売される。

Idea of You

Danz CMは新作アルバム『The Absurdity of Human Existence』のリリースに伴い、新曲「Idea of You」のMVを公開している。

Danz CM – Idea of You (Official Video)

Danz CM改名についてのコメント

Danz CM(ダンツ シーエム)こと、ダニエル・ジョンソン(Danz)はComputer Magicから改名したことについて下記のように語っている。

“私にとってComputer Magicは、常にベッドルームポップでDIY的なものでした。
初期の頃から何年もかけて成長してきて、よりプロフェッショナルなサウンドになってきました。
私は、適切にプロデュースする方法を学び、ハードウェアシンセサイザーについての詳細を学びました。

私の音楽は、当初持っていたLOFIのサウンドとは全く違ったサウンドになりました。
自分の音楽が成長しているのだから、名前をつけて成長していくことに意味があると思いました。

Danz CMはComputer Magicの皮を剥ぐようなもので、
このアルバムは私が長年学んできた技術のエッセンスを凝縮したものなんです。”

リリース

1stアルバム『The Absurdity of Human Existence』

発売日: 2020年3月12日
収録曲:
01.Idea of You
02.Domino
03.My Other Self
04.Low
05.Don’t Stop
06.Breaking Point
07.Something More
08.I Don’t Need a Hero
09.Not Gonna Stand By
10.Human Existence
フォーマット:Mp3
Amazonで見る

プロフィール

Danz CM(ダンツ シーエム)

“Danz CM(ダンツ シーエム)、元Computer Magicは、ワンウーマンのプロデューサー、ソングライター、コンポーザー、インディーズレーベルのオーナー、そしてSynth Historyの創設者である。Synth Historyは、レトロ/ヴィンテージ・シンセを使うミュージシャンに特化し運営しているウェブサイト。OPNやLCD SoundsystemのJames Murphyなど著名人をDanz自身がインタビューを行い、設立から僅か1年余りで10万ものフォロワーを獲得し話題を呼んでいる。”

引用元:Danz CM(ダンツ シーエム)プロフィール(SPACE SHOWER)

Danz CM代表曲(Youtube)

  • Computer Magic – The End of Time
  • Computer Magic – Be Fair (Official Video)
  • Computer Magic – Fuzz (Official Video)

BELONG Media編集部
BELONG Media編集部
インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。

[Advertisement]