The Strokesのジュリアン・カサブランカス率いるバンド、The Voidz(ザ・ヴォイズ)が新曲「Alien Crime Lord」をリリースした。

新曲「Alien Crime Lord」はゲーム、Grand Theft Autoオンライン版“Cayo Perico Heist”に登場するラジオ局で使用されている。

The Voidzとは

The Voidz(ザ・ヴォイズ)
The Voidz(ザ・ヴォイズ)はアメリカ・ニューヨークのロックバンド、The Strokes(ザ・ストロークス)のフロントマンであるジュリアン・カサブランカスが中心となり立ち上げたバンドである。

バンドは2013年に結成し、当初はJulian Casablancas+The Voidz名義であったが、The Voidzに改名している。

The Voidzのメンバーはジュリアン・カサブランカス(Vo.)、ジェレミー“ベアード”グリッター(Gt.)、アミール・ヤグメイ(Gt.)、ジェイク・バーコビッチ(Ba./Syn.)、ジェフ・カイト(Key.)、アレックス・カラピティス(Dr.)の6人組。

2014年にデビューアルバム『Tyranny』、2018年にセカンドアルバム『Virtue』をリリースしている。

セカンドアルバム『Virtue』リリース後、「Did My Best」と「The Eternal Tao」の2枚のシングルをリリース。

特に「The Eternal Tao」はMac DeMarcoとKirin J. Callinanによる共同プロデュースの楽曲となっている。

来日公演

The Voidzは2015年に来日公演を予定していたが、公演は予期せぬ事情でキャンセルとなった。

Alien Crime Lord

The Voidz(ザ・ヴォイズ)は新曲「Alien Crime Lord」を2020年12月15日にリリースした。

「Alien Crime Lord」はGrand Theft Autoオンライン版“Cayo Perico Heist”に登場するラジオ局K.U.L.T.99.1 FM Vespucci Beach (Low Power Beach Radio)で使用されている。

また、Grand Theft Autoの舞台はニューヨークということもあり、ラジオ局K.U.L.T.99.1 FMの選曲はジュリアン・カサブランカスが担当している。

新曲「Alien Crime Lord」リリースに伴い、楽曲もYouTubeで公開されている。

The Voidz – Alien Crime Lord (Official Audio)

ライブ映像

The Voidzは新曲「Alien Crime Lord」リリースに伴い、アメリカのトーク番組“ザ・トゥナイト・ショー”に出演し、同曲のライブを披露している。

The Voidz: Alien Crime Lord(The Tonight Show Starring Jimmy Fallon)

リリース

シングル『Alien Crime Lord』

フォーマット:Mp3
Amazonで見る

2ndアルバム『Virtue』

フォーマット:Mp3、CD、アナログ
Amazonで見る

1stアルバム『Tyranny』

フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

プロフィール

The Voidz(ザ・ヴォイズ)

“・2000年代に<ロックンロール・リバイバル>一大ムーヴメントを巻き起こし、その後も多くのバンドに影響を与えているザ・ストロークスのフロントマンで、現在のロック・アイコンの一人でもある、ジュリアン・カサブランカスによるサイド・プロジェクト。
・ザ・ストロークスとしては今まで5作リリース、英チャートでは全5作が初登場トップ3に、米チャートは2ndアルバム以降初登場トップ10にランクイン。デビュー作は米ローリングストーンによる2014年度「100 Best Albums of the 2000s」で2位に選出された。
・ザ・ストロークスは日本でも、フジロック・フェスティバル(2006年)&サマーソニック(2011年)両方のヘッドライナーを務めた。
・ジュリアンはザ・ストロークスと並行して2008年頃よりソロ活動と自身のレーベル(Cult Records)を運営、ソロではコンバース<チャックテイラー誕生100周年>企画でのN.E.R.D&サントゴールド(現サンティゴールド)とのコラボレーションや、ダフト・パンク『ランダム・アクセス・メモリーズ』アルバムへのゲスト参加など活動は多岐に渡る。2013年からはサイド・プロジェクト(ザ・ヴォイズ)のメンバーとしても活動中。
・ザ・ヴォイズは、ジュリアンのソロ・ツアーでバック・メンバーを務めたジェフ・カイト(key)、アレックス・カラピティス(dr)他、ジェレミー“ベアード”グリッター(g)、アミール・ヤグメイ(g)、ジェイク・バーコビッチ(b/synth)、そしてジュリアン・カサブランカス(vo)による6人組。2014年に“ジュリアン・カサブランカス+ザ・ヴォイズ”名義でデビュー、4年ぶりとなる2ndアルバムをまもなく発売予定。”

引用元:The Voidz(ザ・ヴォイズ)プロフィール(Sony Music)

The Voidz代表曲(Youtube)

  • Julian Casablancas+The Voidz – Human Sadness (Official Video)
  • Julian Casablancas+The Voidz – Where No Eagles Fly (Official Video)
  • The Voidz – Leave It In My Dreams (Audio)

BELONG Media編集部
BELONG Media編集部
インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。

[Advertisement]