Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)がライブアルバム『Live At The Royal Albert Hall』をリリースする。

Arctic Monkeysは前作『Tranquility Base Hotel & Casino』から2年ぶりの新作リリースとなる。

Arctic Monkeysとは

ARCTIC MONKEYS
ARCTIC MONKEYS with Cameron Avery supporting, performing at the RAH

Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)はイギリス・シェフィールドで結成されたロックバンド。

メンバーはアレックス・ターナー(Vo./Gt.)、ジェイミー・クック(Gt.)、ニック・オマリー(Ba.)、マット・ヘルダース(Dr.)の4人組。

2006年にデビューアルバム『Whatever People Say I Am, That’s What I’m Not』をリリース、これまでに6枚のアルバムをリリースしている。

Live At The Royal Albert Hall

Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)は2020年12月4日、新作となるライブアルバム『Live At The Royal Albert Hall』をリリースする。

Arctic Monkeysはライブアルバム『Live At The Royal Albert Hall』から得た収益をWar Child UKに全額寄付すると発表している。

Arctic Monkeysのコメント

Arctic Monkeysは新作となるライブアルバム『Live At The Royal Albert Hall』について、下記のように語っている。

“2018年6月7日、私たちはロンドンのロイヤル・アルバート・ホールですごく特別なライヴを行いました。 その記念すべき夜の収益はすべてWar Child UKに寄付され、紛争のトラウマや戦争の恐怖を経験した子どもたちを保護し、教育の機会を与え、更生させるという彼らの重要な活動を支援するために使われました。2018年に既に酷かった状況は、現在では絶望的になっており、子どもたちとその家族はこれまで以上に私たちの助けを必要としています。War Child UKが資金不足を解消し、彼らの貴重な活動を継続できるようにするために、その日の夜にロイヤル・アルバート・ホールで録音されたライヴ・アルバムをリリースできることを嬉しく思います。収益はすべてこのチャリティーに直接寄付されます。今回のリリースをサポートしてくれたファンの皆さん、そしてWar Child UKをサポートしてくれたファンの皆さんに感謝しています。”

引用元:Arctic Monkeys『Live At The Royal Albert Hall』詳細ページ(Beatink)

War Child UKとは

War Child UK
Arctic Monkeysがサポートすると発表したWar Child UKは、下記のような活動を展開している。

“War Child UKは、紛争の影響を受けた子どもたちの支援を目的とする慈善団体であり、アフリカ、アジア、中東、ラテンアメリカの15カ国で、命を救う重要な活動を通し、2019年だけでも、10万人以上の子どもたちに手を差し伸べている。紛争が起こった際に、できるだけ早く子どもたちに手を差し伸べることを目標としており、子どもたちの安全や、学ぶ機会を守り、将来のためのスキルを身につけるための支援を行っている。 また、専門家によるヘルプラインを通じて、こうした子どもたちにカウンセリングや心理社会的援助を提供し、紛争下にある子どもたちを支援するための政策や慣行の変更を求めてキャンペーンを展開し、子どもたちや若者たち自身と協力して権利を守る活動を行っている。”

引用元:Arctic Monkeys『Live At The Royal Albert Hall』詳細ページ(Beatink)

ライブアルバム映像

Arctic Monkeysは待望の新作『Live At The Royal Albert Hall』のリリースに伴い、30秒のトレーラー映像を公開した。

Arctic Monkeys Live At The Royal Albert Hall (Trailer)

リリース

ライブアルバム『Live At The Royal Albert Hall』

発売日: 2020年12月4日
収録曲:
1. Four Out Of Five (05:31)
2. Brianstorm (03:29)
3. Crying Lightning (04:00)
4. Do I Wanna Know? (04:41)
5. Why’d You Only Call Me When You’re High? (03:03)
6. 505 (04:35)
7. One Point Perspective (03:22)
8. Do Me A Favour (03:59)
9. Cornerstone (03:41)
10. Knee Socks (05:50)
11. Arabella (04:06)
12. Tranquility Base Hotel & Casino (04:03)
13. She Looks Like Fun (03:21)
14. From The Ritz To The Rubble (03:41)
15. Pretty Visitors (04:01)
16. Don’t Sit Down ‘Cause I’ve Moved Your Chair (03:41)
17. I Bet You Look Good On The Dancefloor (04:53)
18. Star Treatment (05:35)
19. The View From The Afternoon (04:24)
20. R U Mine? (06:11)
フォーマット:Mp3、アナログ
Amazonで見る

グッズ(Tシャツ)

素材: 绵100%
カラー: ホワイト
サイズ: S~3XL
Amazonで見る

素材: 绵100%
カラー: ブラック
サイズ: S~3XL
Amazonで見る

素材: 绵100%
カラー: ホワイト
サイズ: S~3XL
Amazonで見る

プロフィール

“2002年結成、英シェフィールド出身の4人組バンド。メンバーはアレックス・ターナー(Vo)、ジェイミー・クック(G)、マット・ヘルダース(Dr)、ニック・オマリー(B)。2006年デビュー・アルバム『ホワットエヴァー・ピープル・セイ・アイ・アム、ザッツ・ホワット・アイム・ノット』が全英米インディー、オリコン洋楽等チャート1位を制覇。ブリットアワード最優秀新人賞、マーキュリー・プライズ他音楽賞を総なめに。過去アルバム4作品は全て全英チャート1位を獲得。オリコン洋楽チャートも常に1、2位を獲得するほど絶大な人気を誇る。2014年8月にはサマーソニックにヘッドライナーとして出演。2018年5月、約4年半ぶりとなる新作『トランクイリティ・ベース・ホテル・アンド・カジノ』をリリースした。”

引用元:Arctic Monkeys(アークティック・モンキーズ)プロフィール(Hostess)

Arctic Monkeys代表曲(Youtube)

  • Arctic Monkeys – When The Sun Goes Down (Official Video)
  • Arctic Monkeys – Do I Wanna Know? (Official Video)
  • Arctic Monkeys – Four Out Of Five (Official Video)

BELONG Media編集部
BELONG Media編集部
インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。掲載アーティスト・プレスリリースの募集はお問い合わせから。

[Advertisement]