ブルックリンのシンセ・ポップバンド、サイキックツイン(Psychic Twin)が、ローレンス・ロスマン「Geek」のカバー曲をPolyvinylからリリースした。

サイキックツインは、シンガーソングライター/プロデューサー/マルチ・インストゥルメンタリストであるエリン・フェインによるプロジェクト。バンドは2016年にデビュー・アルバム『Strange Diary』をリリースしている。

「Geek」はカバー曲ではありますが、原曲と比較しても楽曲に神秘的な雰囲気とエリンの芯の強いボーカルとが合わさって、良い化学反応が生まれています。またサイキックツインはシカゴ出身の若手ラッパーLANDO CHILLの新作『BLACK EGO』に参加していたり、ジャンルにとらわれない活動を行っているようです。

STRANGE DIARY
STRANGE DIARY

posted with amazlet at 19.02.12
PSYCHIC TWIN
MOORWORKS (2016-08-24)
売り上げランキング: 754,901


【Profile】
Psychic Twinはシカゴにて結成された。女性シンガー・ソングライター、エリン・フェインを中心としたシンセ・ポップ、ドリーム・ポップ・プロジェクトである。現在は拠点をニューヨークはブルックリンに移している。2013年に名門Polyvinylに移籍しシングル『Strangers』をリリースする。その後、デビューアルバムを期待されながらも沈黙が続いていたが、2016年に遂に待望のアルバム『Strange Diary』をリリースした。80年代ニュー・ウェイブ、ドリーム・ポップ、シンセ・ポップに影響を受けたバンドである。