Dinosaur Jr.(ダイナソーJr)が新作アルバム『Sweep It Into Space』をリリースする。

新作アルバム『Sweep It Into Space』のプロデュースはダイナソー・ジュニアのフロントマンであるJ Mascis(J・マスシス)とシンガーソングライターのKurt Vile(カート・ヴァイル)が手掛けている。

Dinosaur Jr.とは

Dinosaur Jr.(ダイナソーJr)
Dinosaur Jr.(ダイナソーJr)はアメリカはマサチューセッツ州のアマーストで結成されたグランジロックバンド。

メンバーはJ・マスシス(Vo./Gt.)、ルー・バーロウ(Ba./Vo.)、マーフ(Dr.)の3人組。

1983年にバンドはJ・マスシスとルー・バーロウの二人により結成されたが、1997年に解散。

2005年にオリジナルメンバーで再結成し、これまでに11枚のアルバムをリリースしている。

Sweep It Into Space

Dinosaur Jr.(ダイナソーJr)が2021年4月23日に新作アルバム『Sweep It Into Space(スウィープ・イット・イントゥ・スペース)』をリリースする。

新作アルバム『Sweep It Into Space』はDinosaur Jr.の12枚目のアルバムとなり、Foxygenなどのバンドを輩出したアメリカのインディーレーベル、Jagjaguwarから発売される。

アルバムのプロデューサーはJ・マスシスとThe War On Drugsのギタリストでもあった、シンガーソングライターのカート・ヴァイルが担当している。

新作アルバム『Sweep It Into Space』より、新曲「I Ran Away」のオフィシャル映像が公開され、楽曲も先行リリースされている。

なお『Sweep It Into Space』の収録曲「Garden」と「You Wonder」はルー・バーロウが書いている。

Garden

Dinosaur Jr.の新作アルバム『Sweep It Into Space』より、新曲「Garden」のMVとQA動画が公開された。

新曲「Garden」のQA動画では、同曲を書いたルー・バーロウが質問に答えている。

また、新作アルバム『Sweep It Into Space』の国内盤はボーナストラックが2曲収録されることが決定し、「Garden」と「To Be Waiting」のライブ音源が収録される。(2021年4月1日追記)

Dinosaur Jr. – Garden (Official Video)

Dinosaur Jr. “Garden” Pre-Premiere Q&A with Lou Barlow

Take It Back

2021年4月23日に新作アルバム『Sweep It Into Space』をリリースしたDinosaur Jr.が新たに新曲「Take It Back」のミュージックビデオを公開した。

新曲「Take It Back」のミュージックビデオは、カラム・スコット・ダイソンがアニメーション制作を担当している。

Dinosaur Jr. – Take It Back (Official Video)

Kurt Vile

カート・ヴァイル(Kurt Vile)
Dinosaur Jr.(ダイナソーJr)の新作アルバム『Sweep It Into Space』に参加したアーティストは唯一、Kurt Vile(カート・ヴァイル)だけであり、バンドから絶大な信頼を獲得している。

“フィラデルフィア出身のシンガー・ソングライター。米ロックバンド、ザ・ウォー・オン・ドラッグスのギタリストとして活躍後、ソロとしてデビュー。09年に米老舗<マタドール>に移籍、4thアルバム『スモーク・リング・フォー・マイ・ハロー』、そして13年にリリースした5thアルバム『ウェイキン・オン・ア・プリティ・デイズ』の2作が連続してピッチフォークのベスト・ニュー・ミュージックを獲得した。15年には通算6枚目となる新作『ビリーヴ・アイム・ゴーイン・ダウン』をリリース。ソニック・ユースのサーストン・ムーアとキム・ゴードン、J・マスキス(ダイナソーJr)、パンダ・ベア等がファンであることを公言している。”

引用元:Kurt Vile(カート・ヴァイル)プロフィール(Hostess)

Dinosaur Jr. – I Ran Away (Official Visualizer)

J・マスシスからのコメント

新作アルバム『Sweep It Into Space』リリースに伴い、Dinosaur Jr.のJ・マスシスからコメントが届いている。

“Thin Lizzyをよく聴いていたので、ツイン・リードのサウンドを手に入れようとしたんだ(笑)”

引用元:■DINOSAUR JR. | ダイナソーJr.、5年振となる新作が完成。J・マスキスとカート・ヴァイルの共同プロデュースによる12枚目のアルバム『スウィープ・イット・イントゥ・スペース』、リリース。
(Big Nothing)

リリース

12thアルバム『Sweep It Into Space』

発売日: 2021/4/23
収録曲:
1. I Ain’t
2. I Met The Stones
3. To Be Waiting
4. I Ran Away
5. Garden
6. Hide Another Round
7. And Me
8. I Expect It Always
9. Take It Back
10. N Say
11. Walking To You
12. You Wonder
フォーマット:Mp3、CD
Amazonで見る

[Advertisement]

グッズ

素材: コットン100%
カラー: ホワイト
サイズ: S~XL
Amazonで見る

素材: コットン50%、ポリエステル50%
カラー: ネイビー
サイズ: S、XL
Amazonで見る

Dinosaur Jr.プロフィール

Dinosaur Jr.(ダイナソーJR.)

“Dinosaur Jr.は1984年、J Mascis(G/V)、Lou Barlow(B/V)、Murph(D)により米マサチューセッツ州アマーストで結成された。1985年にデビュー・アルバム『Dinosaur』をリリース。1988年のサード・アルバム『Bug』リリース後、Lou Barlowが脱退するも、1991年にメジャー・デビュー作『Green Mind』をリリース。1993年にはMurphも脱退するが、1997年の『Hand It Over』迄、計4枚のアルバムをメジャーから発表。2005年、再び結成時の三人が集まり、2007年にFat Possumからアルバム『Beyond』をリリース。2009年、バンドはJagjaguwarと契約し、アルバム『Farm』をリリース。以後、『I Bet on Sky』(2012)、『Give a Glimpse of What Yer Not』(2016)を発表した。”

引用元:Dinosaur Jr.(ダイナソーJR.)プロフィール(Big Nothing)

Dinosaur Jr.代表曲(Youtube)

  • Dinosaur Jr “The Wagon”
  • Dinosaur Jr – Over It
  • Dinosaur Jr. – “Watch The Corners” (Official Video)

BELONG Media編集部
BELONG Media編集部
インディーロックを中心に日本や欧米、アジアの音楽を取り上げる音楽専門メディア。“ルーツロック”をテーマとした音楽雑誌“BELONG Magazine”を26冊発行。2021年2月、J-WAVEのSONAR MUSICにゲスト出演。最近はYouTubeで気になるアーティストを見つけるとすかさずチャンネル登録をしています。

[Advertisement]